1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. 額縁の歴史

額縁狂の学者による額縁史の名著、豪華に新装復刻

額縁の歴史

発行:

株式会社 青幻舎

規格:

240×210mm 216ページ 上製本

著者:クラウス・グリ
翻訳:前堀信子 日本語監修:木村三郎/千速敏男
デザイナー:仲村健太郎
製本:博勝堂
 
額縁の起源と変遷や、イギリス・フランス・イタリアなどの「国」や「時代」、「様式」ごとに分類し、額縁が果たしてきた役割について言及した本書は、中世から20世紀に至る500点近い額縁を収録しています。美術関係者からの復刊の熱望を受け、豪華仕様で生まれ変わった復刻本です。
 
青幻舎様オフィシャルサイト
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-826-2

制作のポイント

1995年版の元本(もとほん)を解体し、文字は青幻舎様がOCRでテキスト化、アイワードでは1ページずつ丹念にデジタイズを行いその写真パーツを活かして、デザイナーの仲村健太郎氏が再レイアウトしました。図版は、アイワードオリジナルの復刻システムを駆使し、元本に近似した印刷仕上がりを微細な網点であるFMスクリーンでのオフセット印刷で再現しました。
クロス表紙に空押し加工後、題簽(だいせん)を付し、天地小口のすべてが金付け加工の上品で馥郁たる仕上がりを実現しました。