沿革

  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 沿革

沿革

1960年代
  1. 1965(昭和40年)
    • 札幌市月寒にて「北海道共同軽印刷」として創業
  2. 1966(昭和41年)
    • 株式会社として発足
  3. 1968(昭和43年)
    • 札幌市北区北16条へ移転
1970年代
  1. 1971(昭和46年)
    • 札幌市中央区北2東5へ移転
  2. 1974(昭和49年)
    • 経営指針を策定し、新生への道を歩み出す
    • 「株式会社北海道共同印刷所」と社名変更
  3. 1975(昭和50年)
    • タイプレスP型道内1号機を導入
    • ハイデルA2判印刷機導入でオフセットの基礎確立
  4. 1977(昭和52年)
    • 札幌市中央区北3東5岩佐ビルに営業センター開設
    • デザイン部門を設置。無線綴じ製本機を導入
  5. 1979(昭和54年)
    • 札幌市中央区北3東5株木ビルに営業センター移設
    • 「本づくりのごあんない」(第1版)発行
    • 道内初のカラー年賀状に取り組む(30万枚達成)
1980年代
  1. 1980(昭和55年)
    • コンピュータ化を予測し、東京へ社員を3年間出向
  2. 1981(昭和56年)
    • グループ会社・株式会社共同文化社を設立
    • 「月刊ニュースきょうどう」創刊
  3. 1982(昭和57年)
    • 「株式会社共同印刷」と社名変更
    • ワープロ+印字ロボット=WP-6000道内1号機導入
  4. 1983(昭和58年)
    • 田上印刷株式会社とグループ会社になる
    • 「新しいPR誌創造展」を札幌市民会館で開催
    • 社内報「フォーラム」創刊
  5. 1984(昭和59年)
    • 写研・電算写植システム導入
    • 「第1回全国自費出版展」を札幌市民会館で開催
  6. 1985(昭和60年)
    • 月1回の教養講座、技術講座をスタート
    • KYODOビル(現アイワード本社)完成
    • 「文字情報処理システム」を発表
    • 「第2回全国自費出版展」を札幌市民会館で開催
  7. 1986(昭和61年)
    • 名簿ソフト「幹事帳」を発売
    • 「25万円会社案内システム」を発売
  8. 1987(昭和62年)
    • ヨーロッパ研修制度をスタート
    • 200線カラー印刷発表
  9. 1988(昭和63年)
    • 印刷業務ソフト「大地シリーズ」発売
    • 田上印刷『オフセット印刷40年のあゆみ』を刊行
  10. 1989(平成元年)
    • 「ニュースきょうどう」通巻第100号を発行
    • 「『大地』シリーズ」たくぎん・どさんこ技術開発奨励賞受賞
    • 改題「本づくりハンドブック」発行
    • 『共育』(木野口 功著)刊行
1990年代
  1. 1990(平成2年)
    • TAGAMIビル(元大通工場)増改築完成
    • 障がい者雇用モデル製本工場を増築
    • 「全国カタログ・ポスター展」入賞作品展開催
    • 「ニュースきょうどう・カムイミンタラ展」開催
  2. 1991(平成3年)
    • 「全国造本装幀コンクール」入賞作品展開催
    • 『文字情報処理の基礎知識』を共同文化社より刊行
  3. 1992(平成4年)
    • 東京事務所開設
    • ファクトリーセミナー開催
    • 定山渓保養所 けいあい荘(温泉付)完成
  4. 1993(平成5年)
    • 共同印刷・田上印刷が合併し、アイワードとなる
    • 「ニュースきょうどう」を「月刊アイワード」と改題
    • 興新印刷産業(現コーシン印刷)とグループ会社になる
  5. 1994(平成6年)
    • 興国印刷とグループ会社になる
    • コーシン印刷新社屋建設
  6. 1995(平成7年)
    • 創業30周年記念祝賀会を開催
  7. 1996(平成8年)
    • インターネットホームページ開設
  8. 1998(平成10年)
    • 興国印刷『90年のあゆみ-興国印刷小史』を刊行
    • 興国印刷本社移転、生産部門をアイワードへ移行
    • 協同組合札幌テクネット結成
    • 石狩工場竣工
    • B半裁判オフセット輪転印刷機を導入
  9. 1999(平成11年)
    • 『創業のこころ』を共同文化社より刊行
2000年代
  1. 2000(平成12年)
    • 東京事務所を東京支店に昇格・移転
    • CTPとデジタル色校正機「スピードプルーフ8000」導入
    • KDDI通信衛星システム(KDDIスカイキャスト)設置
    • 国際障害者技能競技大会(プラハ)で社員が銀メダル獲得
  2. 2001(平成13年)
    • 「ISO9001」の認証を全社で取得
    • 『漢字・仮名・記号テキスト』を共同文化社から刊行
    • 月刊アイワード創刊20周年、通巻第240号を発行
    • A全判オフセット輪転印刷機を導入
    • コーシン印刷に「全自動封筒製袋機」を導入
  3. 2002(平成14年)
    • 「ISO14001」の認証を石狩工場で取得
    • 「北海道自費出版展」をさっぽろテレビ塔で開催
  4. 2003(平成15年)
    • 8色両面兼用印刷機(カットスター付)導入
    • 代表取締役 木野口 功が北海道産業貢献賞を受賞
  5. 2004(平成16年)
    • 興国印刷から営業権を譲受
    • 興国印刷解散。従業員をアイワードに移籍
    • 共同文化社から季刊の住宅リフォーム専門誌「プラン ドゥ リフォーム」を発刊
    • 「デジタルカメラRAWデータから高級カラー印刷へ」の新サービス発表
  6. 2005(平成17年)
    • スーパーファインカラー(高精細7色印刷)の技術を確立
    • 写真集『EVER』を発表
    • 「プライバシーマーク」の認証を全社で取得
  7. 2006(平成18年)
    • 月刊アイワード創刊25周年、通巻第300号を達成
    • 「月刊アイワード展」を北海道立文学館で開催
  8. 2007(平成19年)
    • 決算期を1~12月から4月~翌年3月に変更
    • 大通工場売却
    • 札幌工場完成
    • 高色域インキ「ワイドカラー」、 広演色インキ「カレイド」による高精細印刷技術の導入
    • B全判7色印刷機(水性ニスコーター付)導入
    • 「アイワードオリジナルアーティストカレンダー」5点を共同文化社から発売
  9. 2008(平成20年)
    • 商業オフセット印刷の国際規格「ISO12647-2」をプリプレス部門、プレス部門で同時認証取得
  10. 2009(平成21年)
    • 月刊アイワードが「平成20年度 北海道地域文化選奨特別賞(企業市民文化賞)」を受賞
    • 石狩工場でTPM(Total Productive Maintenance)活動スタート
    • コーシン印刷から連続伝票事業と封筒製袋事業を移譲
2010年代
  1. 2010(平成22年)
    • アイワードがプロジェクトに参画した「ハローサンロクゴカレンダー」が「第7回アジアン・プリント・アワード」(2009年11月)で金賞を受賞
    • 月刊アイワードを一旦休刊する
    • ISO9001・ISO14001の認証管理から、独自の品質管理・環境保全活動への取り組みとする
    • 「印刷と同時に電子書籍づくり」サービスを発表
    • 経営理念・スローガンの徹底と経営力と企業価値を高める再生7か年計画をスタートさせる
  2. 2011(平成23年)
    • 「植物油インキマーク」(印刷インキ工業連合会)の認証取得
    • 米アップル社iPad用電子書籍登録のAppStore、iOS Developer Programへ参加。iPad版アプリの販売を開始
  3. 2012(平成24年)
    • 代表取締役 木野口 功が、北海道新聞社発行の「トップの決断 北の経営者たち」に紹介される
    • 編集支援業務の「アカイレ」サービス開始
  4. 2013(平成25年)
    • 最大束幅8cmのPUR製本が可能なボレロ製本ライン稼働
  5. 2014(平成26年)
    • 代表取締役会長に木野口 功、代表取締役社長に奥山敏康が就任
    • 褪色カラー写真の色復元を行う技術「デジタイズ・ワークフロー」のプロトタイプ版をビジネスEXPOで発表
  6. 2015(平成27年)
    • 「劣化写真の復元に関する研究」に関し国立大学法人北海道大学と共同研究契約を締結する
    • 共同研究の成果によってカラー復元した写真展覧会「カラーで甦る古代遺跡の写真」を古代オリエント博物館(東京池袋)主催<5月~7月>、北海道大学主催<11月>にて開催する
    • 北海道中小企業総合支援センターの産学連携等研究開発支援事業に「褪色カラー写真復元機器デジタイズ・スタジオの開発と復元事業の市場化」として公募し採択される
  7. 2016(平成28年)
    • 北海道立総合研究機構と「褪色カラー写真復元システム改善のための要素技術開発」に関し共同研究契約を締結する(JST研究成果展開事業マッチングプランナープログラム)
    • 電子情報通信学会論文誌に北海道大学とアイワードの共著論文「多項式近似に基づく褪色カラーフィルムのデジタル画像復元」田中章(北海道大学大学院情報科学研究科)、鍵谷貴宏・宮松武志・波江一馬・奥山敏康(株式会社アイワード)を発表する
    • ノーステック財団「札幌型ものづくり開発推進事業」(札幌市補助事業)の公募に、「サッポロ発『褪色カラー写真の色復元システム』の高度化とマーケット開発」が採択される
  8. 2017(平成29年)
    • NHKの全国放送番組「超絶 凄ワザ!」で「褪色カラー写真の色復元システム」が紹介される
    • 石狩工場の使用エネルギーを前年より20%以上削減するスマートファクトリー化が実現する
    • アイワード設立50周年記念事業「北海道自費出版・記念史展」を北海道新聞本社1階DO-BOXで開催する