1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. 熊から造形へ
    木彫り熊 未知なるコトで 独り言

木彫り熊の誕生、熊の面構え、北海道で多く彫られた理由、木彫り熊を彫った人々など30余りのテーマで木彫り熊と対峙した著者と熊の独り言集

熊から造形へ
木彫り熊 未知なるコトで 独り言

発行:

熊学舎

規格:

AB判、112ページ

北海道では古より熊と人間社会は密接な関係が保たれ、これまでに多くの熊型の造形物が作られてきました。10年来、木彫り熊を収集してきた著者や知人が収蔵している貴重な木彫り熊を中心にまとめた、時代背景を含めて木彫り熊の造形物・アートとしての文化価値を考える一冊です。

制作のポイント

著者が原稿作成からデザインまで手掛けられ、InDesignでデータをご提供いただきました。アイワードでは、版面の調整など印刷用データへの最適化を行いました。表紙には、モダンクラフトという紙を採用し、著者こだわりのナチュラルな風合いの仕上がりとなっており、表面にはマットPP加工を施すことで保護性も考慮されています。