1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. はかれないものをはかる

自分の心と対話する49のことば
詩と絵を組み合わせたアーティストブック

はかれないものをはかる

発行:

株式会社青幻舎

規格:

タテ196×ヨコ180㎜ 64ページ

著者:工藤あゆみ
デザイン:小熊千佳子

数字でははかれないけれど、確かに感じられる感情の温度、大切な人との距離、願いや希望の重み…。はかれないものを “はかろう” とすることは、そこにある本質に少しだけ近づこうとすること。人間や自分の過去を少し愛おしく感じられたり、肯定的な視点を得ることができるかも。
そんな「はかれないもの」を49の詩とユーモラスな絵で紡ぎます。

日本ブックデザイン賞2018でブックデザイン・パブリッシング部門銅賞受賞

制作のポイント

「はかれそうではかれない」。このイメージを表現するため、カバーにXDTトレーシングを使用して、表紙に印刷された分度器が、ぼんやりと透けています。 コデックス装を採用し、本を机の上に置き、作品1枚1枚がじっくりと見られるようにしています。

活用したソリューション