書籍

  1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. 書籍
  4. 木靴(サボ)を履いて 函館散文詩集

明治末期、大正期の
函館元町描いた詩文集。

木靴(サボ)を履いて 函館散文詩集

発行:

はこだてフォトアーカイブス・はこだて写真図書館

規格:

H200×W172mm 176ページ

函館出身の翻訳家で、文学、美術の世界で名をはせた「長谷川四兄弟」の三男、長谷川濬の未発表のエッセイや詩を、はこだて写真図書館がまとめた本です。亡くなる直前に故郷の記憶をつづった約七十編を味わい深い筆致とガラス板写真で描いています。

制作のポイント

ガラス板から直接デジタル化を行って印刷データを作成し、書籍用紙淡クリームキンマリに、ミレニアムブラックインキと特練したグレーインキを使ってWトーンで仕上げています。
カバーはトレーシングペーパーを使い、表紙を透けさせて函館の昔の面影がうっすらと感じるような装幀となっています。

活用したソリューション