美しい本は、
美しい工場から生まれる。

2017年 石狩工場はスマートファクトリーへ。

働く人にやさしく

印刷製本業界は、
長らく労働集約型であるとされてきました。
今回のスマートファクトリー構想の大きな目的は、
そこから脱皮することでした。

最新鋭の印刷機を導入することで、
機械にできることは極力機械に任せ、人は、人にしかできない作業に集中する。
オペレーターのストレスが減ると、まずトラブルが減ります。
ひいては、より丁寧で精度の高い仕事を可能にしながら、同時に生産性も高めます。

環境にやさしく

またスマートファクトリーは、環境問題へのアンサーでもあります。

省エネ型空調設備やLED照明を全面設置。
そして、最新鋭機器導入に伴う効率化と、廃棄物の低減。

これらハード面の改修に加え、環境マネジメントシステムの継続的改善に取り組むことで、
エネルギー使用量の前年比20%削減※を目指します。 ※印刷数1,000枚当たりにかかるエネルギー(電気・ガス・軽油)使用量を原油換算(kℓ)で2016年度同期間から20%削減

札幌・石狩から全国へ。

アイワードは設立から50年を超えたこれからも、
情報価値創造の担い手として、
全国に「知る喜び」を発信してまいります。