1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. 釈宗演遠諱100年記念図録

釈宗演と近代日本
若き禅僧、世界を駆ける

釈宗演遠諱100年記念図録

発行:

臨済宗大本山円覚寺

規格:

200×200

企画:梅沢恵/都倉武之
アートディレクション:仲快晴(アドアーツ)
夏目漱石が参禅した事でも知られる釈宗演は、明治26年にシカゴで開催された第一回万国宗教会議に福沢諭吉の援助を得て参加し、初めて世界に「ZEN」を紹介した禅僧です。鈴木大拙の翻訳による英語での発信をはじめとして、晩年まで欧米や東アジア諸国を精力的に巡るなど、常にグローバルに活躍しました。本図録は、釈宗演が使った実物の道具や本人の写真、直筆の記録などを掲載した展覧会用の図録です。

制作のポイント

自分自身の心の内側を静かに見つめる「禅」の世界を真っ白な装丁と透明な帯で表現しています。タイトルは空押しで、光の加減によって見え隠れします。そして、その表紙を一枚めくると強い意志を感じる赤が現れます。 コデックス装によって開きやすく、図版やテキストが読みやすいように工夫しています。

活用したソリューション