学術書・学術雑誌

  1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. 学術書・学術雑誌
  4. 追跡 間宮林蔵探検ルート サハリン・アムール・択捉島へ

北辺の地に生きる人々の姿と大自然を描いた渾身のルポルタージュ!

追跡 間宮林蔵探検ルート サハリン・アムール・択捉島へ

発行:

北海道大学出版会

規格:

四六判 228ページ

間宮海峡を発見した間宮林蔵は、アイヌやニブフら北方先住民の力を借りて、サハリンからアムール川へと向かった。目撃したのは「幻の交易地デレン」。200年後、著者は間宮林蔵の足跡を追いかけ、大陸への上陸地点を探し出した。

制作のポイント

書籍別カルテに則り、使用フォント、約物やかっこ類の使用基準、ルビの付け方、注番号の付け方、漢字や仮名、読点の使用方法など組版ルールを詳細に取り決めて、スピーディーな工程で可読性の高い誌面レイアウトを実現しています。