学術書・学術雑誌

  1. ホーム
  2. 事例紹介
  3. 学術書・学術雑誌
  4. 丸山真男と戦後民主主義

破滅的な戦争から再出発した日本のデモクラシーを丸山真男の軌跡とともに考える

丸山真男と戦後民主主義

発行:

北海道大学出版会

規格:

A5判 338ページ

彼は、戦後民主主義の「虚妄」の方に賭けたのか、東大全共闘に「ナチもしなかった」と言ったのか――戦後半年あまり民主主義に懐疑的であった丸山は、人民主権の新憲法と60年安保を経て「永久革命としての民主主義」の思想に至る。その丸山は1960年代末の東大紛争で直面した困難にどのように応えようとしたか。

制作のポイント

編集者からの詳細な組版指示と書籍別カルテによる、使用フォント、約物やかっこ類の使用基準、ルビの付け方、注番号の付け方、漢字や仮名、読点の使用方法などの組版ルールを照合の上、スピーディーな工程で約2カ月半で刊行を実現しました。